安心安全への取り組み
ISO22000を取得(茜丸東京工場)

茜丸東京工場では、ISO22000を取得、導入しております。ISO22000は、消費者に安心安全なあんこをお届けする、国際的な安全規格です。

月一回製造スタッフ全員で勉強会を開催し、ISO22000に関する知識を深めるとともに、製造プロセスの見直しを行っています。

審査登録証、審査登録証付属書
食品安全マネジメントシステム登録通知書
品質管理について
茜丸で使用する豆類は、できるだけ低農薬で健康な豆を使用します。全ての豆について残留農薬の検査証を取得しています。また異物の混入を防ぐ14段階もの厳格な選別工程を経た豆です。すべてのロットについて、残留農薬テストを実施。検査を通過した豆のみ使用しています。
また、品質管理室の担当者がすべてのロットについて社内の検査所で菌検査を実施。
さらに金属探知機を設置し金属の混入を防ぐなど、万全の体制を築いております。
品質管理者
厳選な豆の選別
厳選された小豆を使用
味の良さ
茜丸では、大きさのそろった大粒の小豆を使うことにこだわっています。
大きな粒は十分に成熟したしるしで、小豆自体の味もしっかりとしています。また、粒の大きさがそろっていると煮上がりもそろえることができ、粒感の均質なあんこを炊き上げることができます。
安定した収穫量
茜丸では、安定した収穫量が期待できる地域に限定して買い付けを行っています。
小豆は工業製品ではないため、天候などによる出来不出来がどうしてもあります。
しかし一定の規格のもとに製造する関係上、できるだけ品質の安定した小豆が供給される、北海道、アメリカ・カナダ産の小豆を中心に使用しています。
低農薬栽培
「小豆は農薬で育つ」といわれるほど、病害虫に弱い作物です。しかし、農薬を使用しすぎると味に影響が出ます。そのため茜丸では、十勝産の小豆の調達に努力をしています。
また、豆の品質にこだわった結果、アメリカ・カナダ産の小豆も採用しています。病害虫が発生しにくい気候と肥沃な大地を兼ね備えた北米は、実は小豆の生育に適した地域です。そのなかでも、農薬の散布頻度が低い畑の小豆を選び、使用しております。
徹底した品質管理
徹底した品質管理
14段階もの厳格な豆の選別工程図
1.粗選別機
大きい異物、細かい砂や泥、軽いダスト等を除去します。
2.石取り機
比重差を利用し、比重の重い遺物(石、泥、金属)等を除去します。
3.比重選別機
振動・風力により、良品、中間品、不良品の選別をします。
4.石取り機
2回目の石、泥、金属等の除去をします。
5.粒形選別機
3団式のメッシュ(網)を利用し、粒形を選別、それぞれのタンクにストックします。
6.研磨機
豆の表面の泥等による汚れを除去し、磨き光らせます。
7.割取篩機
割れ豆、屑豆、軽い異物、綿布等を除去します。
8.風力選別機
最終段階で、風力による割れ豆等を除去します。
9.マグネットプレート
ここまで除去できなかった金属を取り除きます。
10.金属探知機
さらに、石取り機で選別できなかった金属を取ります。
11.色彩選別機
未成熟な豆など、異色の豆を除去します。
12.手選コンベアー
作業員が手で、未成熟な豆や堅い石豆を除去します。
13.マグネットプレート
ここまでで除去できなかった金属を取り除きます。
14.自動計量機
設定された量に合わせて、自動で紙袋に詰めます。
【お知らせ】2017年8月10日(木)午後に、当サイト内商品の価格改定を行いました。今後とも業務用あんこ販売店をよろしくお願い申し上げます。
今、この商品が売れています。
2017年年末・2018年年始の発送スケジュールのご案内

ログイン

定番のあんこ

あんこを個性別にさがす

新規開店応援キャンペーン
茜丸のたいやきあんについて
FAX注文用紙(PDF)ダウンロード
カタログ送付について
SmaSTATION!!に茜丸のあんこをご使用いただいてるお客様がご紹介されました
NP後払いFrexB2B
2017年年末・2018年年始の発送スケジュールのご案内

出荷日カレンダー

Calendar Loading
…出荷作業休み
facebook(あんこレシピ.com)
LINE(茜丸本舗)
Twitter(あんこ・どら焼きの茜丸本舗)
メニュー